現状回復を依頼しちゃおう【利用状況を見てみよう】

記事リスト

賃貸住宅退去時の注意点

工事

どこまできれいにするのか

賃貸住宅を退去する際に気になることのひとつに、現状回復があります。そもそも、退去時にはどこまできれいにしなければならないのでしょうか。一般的に、普通に住んでいることで生じる汚れは、経年劣化の扱いになります。例えば、畳が日に焼けてしまった場合、これは借主の過失にはなりません。他にも、家具を置いた場所がへこんだりした場合も、借主の負担にはならないので、安心してください。現状回復と聞くと、入居前の状態に戻さないといけないと勘違いする人もいるかもしれません。しかし、畳の張替や床の修繕などをする必要はないのです。しかし、故意または過失によってついた汚れや傷は、借主が負担することになります。例えば、飲食物や薬剤などを畳や床にこぼしたとします。きちんと掃除をすれば問題ないですが、疎かにしたことでシミになってしまったとします。そうなると、これは借主の過失による汚れということになります。また、壁にカレンダーや時計などを設置するために穴を開けた場合も、借主の負担で修繕することになるのです。しかし、仮に汚れや傷を生じさせてしまっても、現状回復のための修繕費用は敷金から引かれることになるので、安心してください。ただし、あまりにも酷い汚れや傷で、敷金ではまかないきれない場合は、別途修理費用を請求されることもあります。賃貸住宅退去時には、基本的に立会をするはずです。その際、入居前からついていた汚れや傷を、借主のせいにされてしまうこともありえます。自分がつけた汚れや傷ではないなら、現状回復の義務はないことをきちんと伝えるようにしましょう。

Copyright© 2018 現状回復を依頼しちゃおう【利用状況を見てみよう】 All Rights Reserved.