現状回復を依頼しちゃおう【利用状況を見てみよう】

記事リスト

住宅設備を治す費用

部屋

見積もりを取ろう

賃貸物件から退去するときには、現状回復をして返却することになっていますが、現状回復にかかる費用は借りていた人が行うのか、または家主が行うのかでトラブルになることがあります。このようなトラブルが多発していることから現在は国土交通省によってガイドラインが設定されていて、借りていた人が責任を負うのは故意の過失や手入れをしなかったことによる損耗、そして想定外の使い方をした場合の損耗に限られることになっています。つまり、通常生活していてやむを得ない日焼けや凹みに関しては借りている人の責任で現状回復はしなくてもよいことになります。一方、掃除をほとんどしていないことによる壁や床の汚れやたばこのヤニの黄ばみ、壁に開けてしまった穴に関しては借りている人の責任で現状回復をしなければなりません。壁紙を張り替える場合には、1平方メートルあたり約2000円が相場で、壁の補修には約30000円程度がかかります。酷いフローリングの汚れを落とすには1箇所あたり約10000円位が相場とされています。酷い汚れを落とす場合には、経年劣化の分もあるはずなので100%を借りている人が負担するのはなく、減額されることもあります。どちらが現状回復に関わる費用を払うのかという問題はありますが、業者に支払う費用としては安いと30,000円程度、高い場合には200,000円を超えることもあります。できれば複数の業者に見積もりを依頼して、比較検討して現状回復をしてもらう業者を決めて下さい。

Copyright© 2018 現状回復を依頼しちゃおう【利用状況を見てみよう】 All Rights Reserved.