現状回復を依頼しちゃおう【利用状況を見てみよう】

記事リスト

賃貸物件の退去時のこと

室内

賃貸物件の意外なトラブル

現状回復とは賃貸住宅、マンション、アパートなどを解約、引き払う際の室内、トイレや風呂といった水回り、ベランダ、バルコニーなどを入居時の状態に戻す作業である。現状回復する際の費用は基本入居者が負担する訳だがその費用は10万円前後、場合に寄ればそれ以上の負担を強いられることもある。しかし、入居者がその部屋を使用すれば当然なんらかの形で部屋に汚れ、欠損が生じる。それは入居期間が長ければ長いほど大きくなる。特に自炊をする者であれば炊事場、シンクは汚れ、風呂場などは時期によればさカビが生じる。又、入居者が喫煙者の場合は煙草のヤニにより壁紙、プラスチック部分、カーテンが変色し床には煙草により焦がした跡ができる場合もある。その為入居者はその物件に対し月々の費用、管理費、保険代、さらには入居時の礼金、敷金以外にも退去時の現状回復費用がかかるのだ。しかし、この現状回復によるトラブルも多々ある。それは現状回復の費用が余りにも高すぎる、ということだ。勿論住まわせてもらっていたので最低限の出費はいたしかたない。だが貸主が所謂、因業大家の場合や、物件の管理会社が悪どい場合は現状回復費用を水増しし入居者に不当に請求することがある。だが入居者側は現状回復に対する費用の相場がわからず、例えその金額が一般的な現状回復に必要な費用であっても支払ってしまう、もしくは不当な金額であることをわかっていても結局支払ってしまうこともある。だが、中にはその金額に納得出来ず最終的には貸主、大家、不動産屋や管理会社に対し現状回復費用が不当であると法的手段に出る入居者もらいる。その為、第三者機関である原状回復専門の工事業者に立ち会ってもらうようにしよう。

Copyright© 2018 現状回復を依頼しちゃおう【利用状況を見てみよう】 All Rights Reserved.