現状回復を依頼しちゃおう【利用状況を見てみよう】

記事リスト

作業員

部屋の復元工事の重要性

アパートやマンションのオーナーにとって大切なのは、退去者が出たときの現状回復工事です。クオリティの高い仕事をする業者に依頼すれば、次の入居者確保につなげることができます。このような業者は人気があるので、専属契約を結ぶといった関係強化が必要です。畳を需要の多いフローリングに変える工事なども行います。

室内

賃貸物件の退去時のこと

現状回復は賃貸物件を借りて引き払う時に必要となる費用である。現状回復費用は当然入居者が負担する訳だがその時が必ずスムーズに行くとは限らない。入居者は物件を借りる時にはまず月々の家賃代、管理費、又、入居時の礼金、敷金にばかり目が行きがちだが退去時に必要となる現状回復費用についても考える必要がある。

作業員

専門業者が最もお勧め

現状回復を行ってもらう会社は、現状回復を専門に行っている会社に依頼するのがベストです。それは、取り扱っているサービスの範囲が広く、対応も素早く行ってくれます。専門会社の中でも分かりやすい見積もりを提示してくれる業者を選ぶようにしてください。

部屋

住宅設備を治す費用

現状回復を行うときに借りていた人が責任を負うのか、家主が費用を負担するのかでトラブルになることもあります。どちらの責任で現状回復を行うかはガイドラインが設定されています。現状回復のために業者に支払う費用は3万円から20万円と幅広く、複数の業者から見積もりをとるようにしてください。

工事

賃貸住宅退去時の注意点

賃貸住宅の退去時、経年劣化による汚れや傷は、借主の過失にはなりません。現状回復のために入居前の状態に戻す必要はないのです。しかし、故意や過失による汚れや傷は、借主が修繕費用を負担します。敷金でまかないきれない場合は、別途請求されます。入居前から汚れや傷がある場合は、退去時の立会の際に伝えましょう。

賃貸物件を退去する時は

工具類

事務所は事情が異なります

賃貸物件に住む時は、まず入居時に賃貸契約を行います。そして退去する時には、鍵を大家さんに返しますが、この時に現状回復も行います。現状回復とは原状回復とも書き、自分が住んでいた部屋を、可能な限り入居した時の状態に戻すことです。もちろん入居時の状態に戻すといっても、経年劣化している場合、例えば壁や畳が汚くなったなどという場合は、入居者の責任にはなりません。入居者がしなければならない現状回復は、自分のミスで汚くなったとか、あるいは傷をつけたような場合に限られ、経年劣化は大家さんが対処することになります。また物件によっては、かなり以前に建てられた物もあります。中には今の生活スタイルと合わない物もあります。入居者を増やすためにリフォームを行いたい、あるいはリノベーションをしたいという大家さんも多いでしょう。そのような時に役立つのが、退去時の現状回復やクリーニングと、リフォームやリノベーションを一緒に請け負ってくれる業者です。特に最近はリノベーションをする大家さんも多く、この手の業者は増加していますので、一度検討をしてみるといいでしょう。賃貸物件に居住する場合、あるいはマンションの一室を借りて仕事をする場合などは、現状回復は、自分の過失による部分のみの修復に限られます。しかし、ビジネスで事務所を借りた場合の退去時は、それとはやや事情が異なります。事務所を賃貸契約して事業を行い、退去する場合は、現状回復はすべてその事業所が行うことになります。ですからこの場合も、専門業者を検討しておくに越したことはありません。クリーニングだけでなく、修復も請け負ってもらうと便利です。

Copyright© 2018 現状回復を依頼しちゃおう【利用状況を見てみよう】 All Rights Reserved.